家購入で後悔する事例ベスト10選 キッチン編

家購入で後悔する事例ベスト10選 キッチン編

あこがれのアイランドキッチン!採光と換気が悪く気が滅入ってしまう。

建売住宅や戸建ての賃貸なら、すでに建物を確認して、アイランドキッチンの採光具合や、換気かげんが、実際に現物を観ることでわかります。

キッチンは、湿気がついてまわるので、実際に採光や換気の悪いアイランドキッチンは、実地検分したときに、かび臭かったり、ジメッとした雰囲気があります。

ただし、建売住宅の場合の、すでにできあがった戸建ての分譲の建物の内見実地検分は、実際に水まわりを使っていないので、採光や換気の悪さなどから、じめっとした雰囲気は、伝わりにくいものがありまます、

 

私のアイランドキッチンは開放感がなくてひどいような気がします。

部屋の中を歩かなくても、アイランドキッチンまで歩いていけるのがいいんです。私はオープンキッチンにいるときの感覚が好きです。窮屈さがなく、カウンターの周りが見渡せるのもいいですね。リビングに立ちながら、娘たちが料理している姿を眺められる感じも好きです。でも、時々、キッチンとの距離が近すぎるような気がするんです。

毎日がそんな感じです。コンロをどう片付けるか、私がいるときにお酒を飲めるようにあのバーエリアをどう設置するか、悩んでいます。

アドバイスとしては、もし自分のスペースに満足しているなら、他の人がどう思うかは気にしなくていいということです。もし、何かが足りないと感じたら、それが何なのかを探してみてください。

私もそうです。私の最初のキッチンは小さかったのですが、夫が食事をしたいときなど、万が一にもダイニングエリアから離れられない気がしていました。

それは間違いでしたし、もうあのキッチンには戻りたくないです。その理由だけでなく、キッチンはリビングエリアととてもバランスが悪く、あの大きなスペースがただ空いていて使われていないのは、いいことではありません。

そこで、キッチンを改装した際、カウンターの周りに2.5インチほどのスペースを確保しました。だから、もしあなたが開放的で広々としたキッチンをお持ちなら、そのスペースを悪く思わないでくださいね。唯一のマイナス面は、①移動する必要があることと、②アイランドがないことです-でも大丈夫です 🙂

私たちは、オープンでとても大きなキッチンを持っていましたが、片側が開いているダイニングルームは、夕方にみんなで座って過ごすのにとても居心地が悪かったので、使わなかっただけです。

家族が増えることを想定しないで、アイランドキッチンを作ると後悔!

キッチンの狭さが原因で、十分な座席がないなど、居心地の悪さを感じていました。そして家族が増えることを想像しにくかったので、できるだけ大きなキッチンを用意しなかったのです。その分、家族が増えてから、スペースが足りず、楽しめませんでした。

その制約の中でリモートワークで仕事をすることを学ばなければならなかったのです。

リモートワークでは、家にいる時間が多いので、家族で楽しめる空間が、どれだけ大切か?身に染みました!

でも、今はとても開放的で幸せなキッチンです。それが、この家の好きなところです。

  • まとめ
    開放的かどうか?は、採光の問題や、換気の問題と切り離せません!
  • 家族と住んでから、リモート下のアイランドキッチンのあり方など、があとからわかることです。
    まずは、コロナ禍では、戸建ての賃貸で、家族と住んで実体験でキッチンに何を求めるのか?体で感じることを提案します。
  • 戸建ての購入は、そのあとでも遅くはないです。

 

あと10年くらいしたら、このキッチンを増築することになりそうな予感がします。でも、それは決してネガティブなことではありません。家族として成長し、それに伴ってキッチンのサイズも大きくなっているのです。だから、今のうちに楽しんでおいてください。

私たちは家を注文住宅で購入したのですが、完成まで少し急ぎました。もっと大きな計画もあったのですが、家計の状況がそれに見合わず、支払いを急ぐことになったのです。

だから、キッチンアイランドの採光や換気にいたる設計に、十分な気配りをすることができなかったのです。

ハウスメーカーの展示会で失敗したキッチンアイランドの事例を読む!

これらはすべて小さなことですが、最終的には積み重なるものです。一番大事なのは、今の家を愛しているということですが、私は家族全体で食事を楽しむことができないので、楽しめません。